衛生士について

  • HOME
  • 衛生士について

患者さんへ

初めまして、歯科衛生士の前川です。
皆様の健口生活のお手伝いをしております。
日々、患者さんに満足していただけるような丁寧な治療を行うために、
日夜勉強に励んでおります。
今後もどうぞよろしくお願い致します。

歯周病について

歯周病について

歯周病は、歯肉だけではなく歯を支える骨にまで異常をきたします。この原因として挙げられるものが、歯垢です。
歯肉の検査のプロービングにより、症状を確認します。
ここで、ポイントになることが炎症の有無です。この有無によって、歯周病が進行しているかどうかがわかります。つまり、プラーク除去により歯周病の治療・予防を行うことができます。これも日々の歯磨きが有効なので、皆様頑張って歯磨きをしましょう!

定期検診のすすめ

定期検診は必要なの?

定期検診は必要なの?

「一通り治療が終わったのに、なぜ?」と思われる方も多いと思います。でも、歯周病は知らない間に進行します。歯磨きをすると血が出る、それは細菌が増えているサインです。
検診の期間は、ブロービングを行い、患者さんのお口の状況によって決めていきます。ちょっとしたことでお口の環境は変わります。定期的に受診していただければ、歯周病が進行してしまうのを防ぐことができます!

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎

インプラントも天然歯と同様で、ばい菌に攻撃されます。
放置しておくと、最悪受けてしまうこともあります。予防対策として一番なのは、歯磨きですが、定期的な検診も必ず受診しましょう。

フッ素

フッ素

フッ素とは、自然界に存在する元素のひとつです。体に必要な栄養素でもあり、毎日の食べ物にも含まれています。

このフッ素には、大きく3つの働きがあります。歯を強くする、再石灰化を促進する、虫歯菌を抑制する、この3点です。子どもから高齢の方まで効果があります。

フッ素は継続使用が大切です。適度に使用して、虫歯予防をしっかりしましょう!